コルセットダイエットの全てがわかる。付け方や効果、注意点まとめ

「コルセットダイエットって効果があるの?」「どんなことに注意すればいいの?付け方は?」とコルセットダイエットに興味があるけど始めるには不安があるかと思います!

この記事では、実際に半年で体重-2kg・ウエストが-5cmした筆者が、コルセットダイエットの効果・注意点・付け方を細かくご紹介します。

コルセットダイエットって?

そもそもコルセットとは、近代から欧州大陸でに使用されたもので、胸の下からウェストにかけてのラインを補正する役割を持っている補正下着です。

ヒップの強調と胴の部分を細く見せたるために作られましたが、流行の変化により、現代では医療等で使われるようになりました。

私も「コルセットってぎっくり腰とかになった時につけるやつ」だと思ってたし、ダイエット目的でつけるものだとは想像していませんでした。

 

コルセットダイエットとは、その名の通りコルセットをダイエット目的に改良したもので、女性らしいくびれを作るために改造されたコルセットを用いたダイエットのことを言います。

コルセットダイエットの生みの親だとされているのは、Twitterのフォロワー数6万超えの元鈴木さん(@Motosuzukisan)です。

大きな胸にキュッとくびれたウエストが美しい元鈴木さんに憧れて、真似をする女性が続出しました。

また、見た目がすぐに変わっていく即効性が、痩せたい女性のモチベーションをあげているんですね!

私もコルセットをつけているだけで「痩せた?」と言われるので、もっと痩せよう!とめちゃくちゃやる気が出ました!

コルセットダイエットの勘違い

コルセットダイエットを始める前に、間違った認識があるかもしれないので初めにご紹介してきます。

基本的にコルセットを付けるだけでいい、とっても簡単なコルセットダイエット。

ズボラ女子にもこれなら出来そうと、運動が苦手な女性にも人気があります。

コルセットダイエットでは脂肪は燃焼しない

間違わないで欲しいのが、コルセットを付けるだけでは脂肪は燃焼しません。

とある記事では「コルセットを付けると体温が上がってウエストの脂肪が燃焼する!」なんて書いていたりします。

多少の燃焼はあるかもしれないですが、痩せるほど効果はありません。

コルセットを巻くだけで脂肪が燃焼するなら誰も運動しませんよね。

脂肪を燃焼するためのダイエットがしたいなら、コルセットダイエットでは効果がないので注意してください。

コルセットダイエットの効果

じゃあコルセットダイエットってどんな効果があると思いますか?

私がコルセットダイエットを始めようと思ったきっかけは、友達に「肋骨が飛び出てない?」と言われたのがきっかけでした( ・∇・)

肋骨が飛び出てるって何?

ウエスト周りは痩せたいけど、小さい頃からずん胴だったのでウエストを作ることなんて出来ないと思っていました。

もしかして肋骨が出てるから寸胴なの?という考えに至り、調べてみるとコルセットが検索されたんです。

コルセットダイエットで肋骨を締めて細見え効果

コルセットダイエットの効果は、何と言っても肋骨補正だと私は思っています。

肋骨は、肺を守るように作られていて、肺の膨らみの動きに合わせて肋骨も開閉しています。

一度、自分の呼吸と肋骨の動きを感じてみてください。

実は、姿勢や呼吸の仕方の癖で肋骨が開いたままになっている人がいるそうです。

私は結構開いているタイプだったので友達にも指摘されたんだと思います。

コルセットで肋骨を補正することで、開いていた肋骨が閉じで胸から下がほっそり見えるようになります。

コルセットダイエットで食事量が減少効果

コルセットダイエットで脂肪は燃焼しませんが、食事量は減少します。

コルセットを付けていると胸から下に圧迫感があります。

胸から下にある胃も締め付けるため、食欲が徐々に減ってくるんです。

慣れてくるとコルセットを付けたまま食事ができるようになりますが、やはり爆食いはできないです。

「食べたいのに我慢する」のではなく「なんか別に食べたくない」という理想の状態で食事量を減らすことができます。

我慢せずに食事の摂取量を減少させる効果がありってアラサー女性からすると助かりますよね♪

コルセットダイエットで猫背解消、姿勢改善の効果

コルセットはボーンという骨組みが10〜20本入っています。

コルセットを着用して座ると、ボーンが地面と垂直になるため背筋がピン!と矯正されます。

つけて見たらわかるんですが、猫背の姿勢はボーンが邪魔をして苦しいのでできません><

私も結構オフィスワーク時に猫背がちだったんですが、コルセットを着用することで姿勢が良くなりました!

アラサー生活の掃除や仕事で猫背がちだった姿勢もとっても綺麗に改善されます。

コルセットダイエットの注意点

コルセットダイエットを始めるときに、知っておかないといけない注意点が3つあります

注意

1:寝るときにつけない

2:内蔵に負担がかってる

締め付けているので血流やリンパの流れが悪くなることがあります。

寝ているときにつけたくなる気持ちはわかりますが、絶対に着用しないでください。

コルセットダイエットは少なからず内臓に負担がかかっています。

気分が悪くなる前に違和感を感じたらすぐに着用をやめてください。

締め付けすぎもNGです。かと言って締めなさすぎも効果がありません。

朝と昼でもサイズが変わってくるので、苦しく感じたときはすぐに緩めるようにしましょう。

コルセットダイエットの付け方

コルセットダイエットの付け方は以下です。

コルセットダイエットの付け方

1:自分のサイズにあったコルセットを買う

2:1日あたり3〜6時間着用する

3:フルクローズ目指して続ける

コルセットを購入したら、まずは1時間からつけることに慣れて行きます。

私はコルセットをつけた経験がなかったので、1時間でも結構しんどいと感じました。

慣れるまでは無理せずに、徐々に着用時間を長くして行きましょう。

 

フルクローズとは、コルセットが限界まで締まっている状態のことを言います。

 

私がコルセット(Burvogueコルセット)を着用したばかりの頃はこれくらい開いてていました。

before

after

afterがフルクローズの状態です!

ここまできたら、次はもう一つ小さいサイズを購入して、またフルクローズを目指します。

 

コルセットの付け方

コルセットの付け方を具体的に説明します。

1:紐は緩めた状態で背中側のウエストにコルセットを合わせる

2:前のホックを止める(胸にお肉を寄せる)

3:上側の紐を持つ(上の方が締まらないので上からする)

4:紐をできるだけしめる(鏡で見ながら)

5:おなか側で紐を結ぶ

6:下の紐を持つ

7:下の紐を締める

8:下の紐をおなか側で結ぶ

終わりです。

OL制服の下に着用していると、ウエストが本当にほっそり見えます(`・∀・´)

痩せて見えるのに、全然見た目には響かない!

背中の溢れた肉がお恥ずかしいですが、53kgから51kgに痩せた今はもうお肉がありません。

 

元鈴木さんが使っているコルセットがおすすめ!

コルセットダイエットの生みの親である元鈴木さん(@Motosuzukisan)が使っていたBurvogueコルセッがおすすめです。

コルセットの着用方法で載せている写真のコルセットもBurvogueコルセットです。

 

 

 

アラサー女性の肉厚ボディにも耐えられるボーンが24本も入っていて強度がすごい。

それなのにどれだけ締め上げても壊れないし、痛くありません!

間違ったコルセット選ぶと、ボーンが飛び出して体を傷つけることもあるそうです><

 

サイズはXXS〜XXLまで豊富です。

身長169cm・53kg(着用時)の私でSサイズで十分でした。

155cm・49kgの友人でもSサイズでいい感じのサイズ感です。

色もブラック・ホワイト・ブラウンから選ぶことができます。

めちゃくちゃ有能なのに価格は2,200円(税込、送料無料)と安いのですぐ手に入ります。

元鈴木さん愛用の「Burvogueコルセット」の購入はこちらをタップ【楽天】

 

一度買ってしまえばフルクローズするまでずっと使えるのでコスパも抜群。

一度、お試し購入して見てはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

アラサー女性になって本当に運動ができなくなったし、痩せにくくなりました。

悲しい。もともと痩せていた方ではないのですぐに太ってくる…

コルセットダイエットを始めてウエストがほっそりして「痩せた?」と言われるようになりました!

同じように運動する暇がないアラサー女性にはもってこいだと思います。

 

是非、自分にあったコルセットでほっそりしたウエストを手に入れませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です