【女性向け】男性とセフレ関係にならないための4つの意識

「誰と付き合ってもいつも一番になれない」「気づけばセフレになっている」等、女性特有の悩みを抱えることがあると思います。

一度セフレと思われてしまうと、ほとんどの場合恋愛関係に発展することはありません。

そこで、今回はセフレにならない為にできる4つの対策を解説していきたいと思います!

セフレにされてしまう女性の特徴は?

セフレにならない為には、自己分析ができることが大切なポイントになります。

「なぜ自分はいつもセフレにされてしまうのか」が分かれば、自ずとセフレにならない為にできることがわかります。

まず、セフレにされやすい女性の特徴は下記の通りです。

1つでも当てはまる場合は要注意…

セフレにされる女性の特徴
  • 寂しがり屋
  • 恋愛依存しやすい
  • 押しに弱い
  • 気が弱く断れない

こんな愛すべき女性がせフレにならない為にできる4つの対策をお伝えします。

セフレにならない為にできる4つの対策

セフレにならない為には、これからご紹介する4つの対策を試してみてください。

相手に依存しないようにする

まず、セフレ関係になりやすい女性の特徴として、”依存体質”が挙げられます。

付き合ってから依存体質になるならまだしも、根本的な性格としてある限りは、セフレで終わることも少なくありません。

”仕事、学校、部活”等で失敗してしまった場合、寂しい気持ちになってしまうことがあるでしょう。

その際に、慰めてもらおうと思って、男性に依存してしまうタイプはセフレになりやすいです。

この場合、セフレ関係にならないためにも、下記の対策を意識しましょう。

  • 女友達に相談する
  • 趣味、好みで発散する
  • ネットの友達に相談する

相談に乗ることを理由にセックスに持ち込むずる賢い男性もいるので要注意です!

辛い時や悩んでいる時は、恋愛に逃げずに別の方法で解決するといいでしょう。

体をすぐに許さない

セフレ関係になりやすいのは、男性が100%悪いわけではありません。体をすぐに許してしまうような、女性にも原因があります。

そもそも、セックスをする際は、女性が体を許さない限りは始まらないのです。

家で男性と二人っきりになったとして、相手が求めてきても断れば関係は成り立ちませんからね。

しかし、下記の理由から、体を許してしまうこともあるそう。

  • 断ったら仲良くしてもらえない
  • 仲いいから断るのも失礼
  • 好きだから

友達関係なのに体の関係を求めてくるような男性は、大体あなたを本命にしようと考えていません。

いくら仲良くても、お互い両想いではない限りは体を許さないようにしないと、セフレにされてしまうことも。

簡単に体を許すと”簡単に股を開く女”と悪名が経つこともありますからね。

警戒心を持つ

男性から誘われてすぐについていく女性や、警戒心を一切持たずに男性の家に二人っきりで入るような女性はセフレになってしまう傾向があります。

仲の良い男友達だとしても、部屋で二人っきりになれば誘ってくることの方が多いでしょう。

どれだけ仲の良い男性でも、男女の関係に発展してしまいそうな原因を作らないようにするのがベストです。

気は許しても、ある程度の警戒心は忘れないようにしましょう。

例えば、

  • 終電で帰る
  • 夜遅くまで飲まない
  • 男性と極力二人っきりにならない

また、もしあなたが相手のことが好きだとしても、相手が自分に対して好意がない限りは、簡単に体の関係を持ってしまうのはセフレになる要因です。

焦らずにゆっくりと相手との関係を築いていきましょう。

寂しい気持ちの克服

セフレになりやすい人は、依存体質があるということを紹介しました。それに派生して、”寂しがりや”な人もセフレになりやすいので注意しましょう。

家に一人でいると、どうしても寂しくなってしまうことがありますよね。彼氏がいないと尚更、その寂しさを男性で埋めようとする人も少なくありません。

その一瞬の考えこそが、セフレ関係に発展する可能性があるのです。

仮に、その寂しさを埋めるために、手ごろな男性とセックスをしてしまった場合は、その後余計に寂しくなります。

本命になることはできず、セフレ関係として成り立ってしまうからです。自分に甘えるのもよくありませんし、寂しいからといって別の男性に求めるのは間違っています。

別の気晴らしをするなどして、寂しさを和らげると良いでしょう。

まとめ

セフレ関係になりたくないと思っているなら、警戒心を強くして自分を大事にすることです。

寂しさや依存したい気持ちもわかりますが、それを男性で埋めようとすると、セフレ関係ができてしまいます。

もちろん、セフレを作ることで、メリットはあります。

  • 寂しい時に解消してくれる
  • 相談に乗ってもらえる
  • 楽になる

しかし、ふとした時に、相手が本気にならないことに気づき、違う意味で病んでしまうこともあります。

さらに、捨てられてしまうと余計に病んでしまうでしょう。そうならないためにも、セフレではなく大事な恋人を作るように考えを変えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です