婚活が辛いと思ったとき、打開する為にできる4つの対処法

「婚活が辛い…そんな時はどうすればいいの?」と婚活をしていれば、様々な不安や悩みが生まれることがあると思います。

そのような悩みを抱えた時に、時には「婚活が辛い」と思ってしまうこともあるでしょう。

今回は、婚活が辛いと思ったときにできる、対処法を4つ紹介します!

関連記事:婚活が辛いと感じてしまう5つのパターンとおすすめの対処法

婚活が辛いと思った時にできる4つの対処法

早速、婚活が辛くなった時に試すべき4つの対処法をご紹介します。

対処法1:十分な睡眠をとる

婚活が辛いと感じる理由は様々ですが、内面や外見から”婚活できないオーラ”が出ていない可能性があります。

例えば
  • 表情が暗い
  • テンションがいつも低い
  • クマがある

メンタル面をコントロールすることが、婚活を良い方向に転ばせる要因の1つになるので、十分な睡眠をまずとるようにしましょう。

眠りを妨げるような、カフェインが入っているコーヒーや緑茶はNGです!さらに、お酒を飲むと睡眠はできますが、質は低いです。

体を温めて、眠気が来たときにぐっすり眠るようにすれば、婚活もうまくいきます。

下手に婚活してもうまくいかないので、睡眠の時間を優先し、精神を安定させるところから始めましょう。

対処法2:自分を褒めて励ます

婚活が辛いときは、悪い部分だけを意識しがちで、自分を責めてしまうことも少なくありません。

出会いが見つからないことや、いい人に巡り合えないことを考えて、夜眠れないということもあるでしょう。

悪い方向に考えすぎてしまうと、どんどん婚活も上手くいかなくなるので、自分を褒めて励ますようにすると良いです。

婚活が辛いと感じるのは当然で、それを頑張っている自分を褒めるのです。

  • 辛い中頑張ってえらい
  • 幸せになれる

自己暗示をかけて、ポジティブに考えれば、今後の婚活のメンタルにも良い方向で影響するでしょう。

対処法3:不安・悩みの原因を知る

婚活を辛いと思うのは、不安や悩みがあるからです。悩みがなければ、夜な夜な考え込むこともありませんし、メンタルが崩壊することもありません。

疲れていると尚更、そう感じてしまうのですが、その時こそ不安・悩みをリストアップしてみましょう。

例えば
  • 一生独身かもしれない
  • 相手がヤリ目かもしれない
  • 結婚できないのは嫌だ

些細なこともリストアップすることで、自分が抱えている悩みが小さく感じてしまうこともあるようです。

そこから、解決策を考えることもありますし、具体的に自分がどうすればいいか考えられるので、効果的な方法ですよ!

対処法4:幸せホルモンのセロトニンを分泌させる

婚活の辛さというのは、肉体的ではなく精神的に来るものです。良い経験というのはさほど思い出すことはなく、嫌な経験ほどいつまでも引きずってしまいます。

マイナス思考にばかりなってしまう人は、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が弱まっている状態です。

この状態で考え事をしても、結局悪い方向にしか考えないので、婚活も辛いと感じてしまうのです。

セロトニンを分泌させるためには、日光浴をするのが一番効果的。生成量を増やすためには、朝日を浴びて散歩をするというのが手っ取り早い方法です。

前述した睡眠も影響してくるので、十分な睡眠と適度な日光浴をすれば、マイナス思考もなくなるでしょう。

まとめ

婚活は、人によってはスムーズに成功することはあっても、大半が頭を抱えてしまいます。

自分に対して正直になればなるほど、好みや波長を優先してしまい、相手を選んで時間だけが過ぎてしまいますよね。

しかし、選びすぎても自分の首を絞めるだけですし、結局失敗に終わってしまうこともあるようです。

ただ、マイナス思考ばかり続けていると、本来出会うべき相手とのチャンスを見逃していることもしばしば。

そうならないために、普段の生活から、プラス思考に考えられるように対策をしなければなりません。

紹介した4つの対策は、明日からでも実践することができるので、婚活が辛いと思っている人は行ってみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です