婚活アプリで出会った人との関係を終わらせる最善の方法とは?

「アプリで出会った人との関係を終わらせる最善の方法って?」と婚活をしていると相手との関係を終わらせる方法について悩むことがありますよね。

【婚活アプリ】メッセージを穏便に終わるには?合わない人とさよならする方法」この記事を書いてから、こんなコメントをいただきました!

フェードアウトを推奨してますがそれが本当に正しい方法なのでしょうか?
関係を切りたいのはいいのですが、それならきちんと断りの連絡をすべきでは?
それが最低限の礼儀でしょう。
実際フェードアウトが一番ショックが大きいんですよ。

 

筆者は付き合いが浅いうちはフェードアウトするのが一番相手を傷つけないと思っていましたが、そう思っていない人もいるんだと大変勉強になりました。

そこで、婚活アプリで出会った人との関係を終わらせる最善の方法について考えてみたいと思います。

婚活アプリで出会った人との関係を終わらせるには

マッチングアプリを使って婚活している場合は、特にたくさんの異性と出会うことができるので、関係を終わらせる機会も多くあります。

筆者も、ペアーズやyoubrideを使って積極的に婚活をしていたので、メッセージのやりとりのみの人も含めると50人くらいの異性と関係を終わらせてきました。

関係を終わらせるには3つの方法がある

婚活アプリで出会った人との関係を終わらせるには、3つの方法があります。

3つの方法
  1. 徐々にフェードアウトする
  2. お断りの連絡を入れる
  3. 黙ってブロックする

最善の方法はどれだと思いますか?

Twitterでアンケートをとってみた

まずは、Twitterでアンケートをとってみました。

結果はこちら。

意外に「黙ってブロック」も多いですね。

突然ブロックするのは相手を傷つけることも多いですが、お相手も早く諦ることができるという一面もあります。

最善の方法とは相手との関係性によって変わる

コメントの方の言う通り、「きちんとお断りの連絡を入れるのが最低限の礼儀」なのかもしれませんし、確かにそうですよね。

一方で冒頭でも述べたように、筆者は付き合いが浅いうちはフェードアウトするのが一番相手を傷つけないと思っていました。

ここでポイントは「付き合いが浅いうちは」という点です。

つまり、婚活アプリで出会った人との関係を終わらせる最善の方法とは、相手との関係性によって変わるということです。

マッチングして日が浅い相手の場合

マッチングアプリで見事マッチング。実際にメッセージのやりとりを始めてみると「なんか違うな」と感じることもありますよね。

マッチングをして日が浅い相手の場合は、徐々に連絡を返さないようにしてフェードアウトするのがおすすめです。

お互いに相性を探っているフェーズなので、この段階でお断りの連絡をするのは「まだ何も知らないのに」と逆にお相手を傷つけてしまうことになりかねません。

連絡数を減らしていき、そっとフェードアウトするのが優しさです。

マッチングして密なやりとりをしていた場合

実際に会ってはいないものの、将来の話やお互いの身の上話まで知っているような関係になっていた場合は、きちんとお断りの連絡を入れるべきでしょう。

お互いのこれからを見据えていたにも関わらず、理由を伝えずにフェードアウトするのは失礼です。

きちんと終わらせたい理由を伝え、お相手にも納得していただく形で関係を終わらせるようにしましょう。

何度もデートしていた場合

この場合も、蜜なやりとりをしていた場合と同様に、きちんとお断りの連絡を入れて関係を終わらせるのがいいでしょう。

また、交際前ならLINEやメッセージでもOKですが、交際している場合は直接会って話し合うようにしましょう。

突然ブロックしたり、理由を告げずに徐々にフェードアウトした場合、相手を傷つけるのはもちろんのこと、気持ちの折り合いがつかずにストーカー化してしまうことも考えられます。

お互いに納得した形で終わらせられるように、きちんとお断りしましょう。

お断りの連絡の例

最後に、LINEやメッセージでお断りする際の例文をご紹介します。

交際相手ができた

交際相手ができたと断れば、相手は諦めるしかないでしょう。

とはいえ、ないように気をつけないと「キープされていた」と深く傷つけてしまう可能性も・・・

例文を参考にしてください。

実は昔から知り合いの方に交際を申し込んでいただき、お付き合いすることに決めました。

〇〇さんのことは前向きに知っていければいいなと思っていましたが、突然の変化に私自身気持ちを整理しているところです。

いつも優しい〇〇さんならすぐに素敵な方と出会えると思います。

自分勝手な話だと言うことは十分に承知していますが本当に申し訳ございません・・・

今までありがとうございました。素敵な方と出会えることを応援しています。

相手のことも考えていたので自分も戸惑っていると伝えるだけでも、真剣に考えてくれていたと言うことがわかってもらえるでしょう。

どう伝えても傷つけてしまうことになるので、できるだけシンプルに気持ちを伝えるのがベストです。

忙しくて時間がない

婚活どころではなくなったので時間がないことを理由にお断りするのもありです。

急で申し訳ないのですが、仕事が忙しくなってしまい時間を取るのが難しくなってしまいました。

また落ち着いたら連絡しますと言いたいところですが、見通しも立っていないのでなんとも言えません・・・

今までありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。

結婚や交際を考える時間がないと言われれば、お相手も諦めるしか無くなってしまいますよね。

相性が合わなかったと正直に伝える

会ってみたら相性が合わなかったと正直に伝えるのも、ストレートに伝わるのでオススメです。

実際にお会いしてみて、私では〇〇さんには相応しくないなと感じました。

お断りのご連絡となってしまい申し訳ございませんが、私のためにお時間をとっていただき、ありがとうございました。

素敵な方と出会えることを祈っています。

婚活をしている方だと、きちんと理由を伝えればほとんどの方がご理解いただけるでしょう。

お断りするときのポイント

お断りするときのポイントは4つです。

  1. 簡潔に伝える
  2. 可能性があると思わせない
  3. 時間を作ってもらったことに対する感謝
  4. 相手の幸せを祈る

まとめ:相手との関係性によって最善の方法を

お断りするときは、お相手との関係性によって最善の方法を選びましょう。

お断りする方も、される方も、どちらも辛い経験になります。

とは言え、相手の頃を考えるなら気持ちがなくなったらなるべく早めに関係を終わらせるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です