【婚活アプリ】メッセージを穏便に終わるには?合わない人とさよならする方法

「メッセージのやり取りを穏便に終わらせたい」「相手をできるだけ傷つけずにメッセージを辞めたい」とマッチングしてからのメッセージを辞める方法に悩むことがありますよね

婚活アプリで婚活をしていると、せっかく好みの男性をマッチングしたのに「あれ?なんか違うな…」と思うことがあります。

この記事では、メッセージを穏便に終わる・合わない人とさよならする方法ご紹介します。

【婚活用語】フェードアウト(FO)/カットアウト(CO)とは?

婚活アプリでよく使われる言葉で、フェードアウト(FO)・カットアウト(CO)があります。

まずは言葉の意味をおさらいしましょう。

フェードアウト(FO)とは

徐々にいなくなること。

今まで毎日連絡をしていたのに、2日に一度になり、1週間に一度になり…徐々に消えていくことをさします。

カットアウト(CO)とは

急にいなくなること。

突然連絡が途絶えることを指します。

どちらも「連絡を辞めること」を指す用語ですが、婚活アプリでは自分の写真やプロフィールが公開されているので、できれば穏便に終わらせたいですよね。

カットアウト(突然メッセージを辞める)して、逆恨みを買いストーカー化する…なんてことになると怖いです。

きちんとした方法でフェードアウト(徐々にメッセージを辞める)することが重要です。

婚活アプリでフェードアウトを考えてしまうタイミング

めぇ子
せっかく良いなと思ってマッチングしたのに、なぜフェードアウトやカットアウトを考えてしまうの?
うさみ
それには理由があるんです

「この人、気が合うかも!」と思ってマッチングをしたとしても、メッセージを始めてみると「なんだか違うなぁ」と感じることもしばしばありますよね。

具体的にどんな時にメッセージを辞めたいと思うのかご紹介します。

お相手とのリズムが合わない

返信ペース文章量が自分と全然違う場合、何だかメッセージのやり取りが負担になってきます。

こちらがマメにメッセージを返信しているのに、お相手の返信が遅いと「そっけないなぁ」「他に本命がいるのかな?」と思ってしまいますよね。

逆も然り。

このように、お相手とのリズムが合わない時に「気が合わないな」と感じる傾向があります。

 

思ってたのと違う…

プロフィールを見て「この人きになる!もっと知りたい!」と思ってマッチングをしたとしても、「話してみたら思っていたのと違うなぁ」なんてことも。

例えば、お相手からくるメッセージが「自慢話ばかり」「質問ぜめ」「共通点がない」というような場合、メッセージが苦痛に感じてしまいます。

コミュニケーションの取り方が自分本位な人とのメッセージは、こちらが合わせるやり取りが続くので疲弊してしまうんですね。

 

関連記事
好印象なメッセージのコツはこちら
ダメなメッセージの例はこちら

婚活アプリで穏便にフェードアウトする方法3選

めぇ子
せっかく私を選んでくれたのに、できるだけ傷つけたくないの…
うさみ
そうですね…気持ちはわかります

メッセージを重ねた結果「さよなら」することに決めた時、じゃあどうやって「さよなら」しますか?

せっかくマッチングできた人なので、できる限りお相手を傷つけることなく、穏便にフェードアウトしたいですよね。

穏便にフェードアウトする方法を3つご紹介します。

 

その1:返信の頻度を減らす

一番穏便なフェードアウトの方法として「徐々にメッセージの返信を減らす方法」があります。

毎日していたやり取りを、2日に一度にし、しばらく経ったら3日に一度、4日に一度…

最終的には返信しなくなり、フェードアウト完了という形に持って行きます。相当鈍くなければ、途中でお相手も気付くでしょう。

 

その2:会話を終わらせる

今まで時間は空いても続けてきたメッセージを「寝るね!おやすみ」「じゃあ、仕事行って来るね!」「またね!」というように終了させてしまいましょう。

「おはよう」「仕事終わったかな?」とお相手はメッセージを続けようとして来るかもしれません。

根気よくメッセージのやり取りを終わらせていけば、お相手も脈なしと感じてくれるでしょう。

 

その3:体調不良を主張する

お断りするときの常套句=「体調不良」

例えばこんな文章でいかがでしょう。

例文

突然すみません。
私情ですが体調を崩してしばらく入院することになりました。
退会はしないもののなかなかログインできないようになるかと思います。
今までありがとうございました。

ポイントは「相手に期待させない」「次はない」ことです。常套句なので、お相手も察してくれるでしょう。

 

穏便なフェードアウトとは言いつつも、トラブルにはならないけれど、お相手を傷つけることは間違いありません。傷つけずに「さよなら」することは難しい。

インターネットの出会いじゃなくても恋愛では当然のことです。あなたにできることは、少しの期待も残さないことできるだけ早くさよならすることだけです。

 

【最後に】しつこい人はブロックするしかない

めぇ子
たまに空気が読めない人がいるのよね…
うさみ
ストーカーになりそうな人もいるので注意してください

穏便なフェードアウトの方法を試してみても、稀にそれでも諦めないしつこい人がいます…

鈍感なのか、わかっていて諦められないのか、理由はわかりませんが、そういうタイプの人にはハッキリとした態度で向かわないと分かってくれません。

以下、3つのことを試してください。

 

ステップ1:塩対応を極める

メッセージの返信をめちゃめちゃ塩対応にしてください。「はい」「へぇ」「そうなんだ」大体の会話はこれでいけます。

 

ステップ2:思い切って無視する

塩対応にもめげずにメッセージが来る場合は、思い切って無視しましょう。返事をするからメッセージがきます…心を鬼にして無視してください。

 

ステップ3:それでもダメならブロックする

それでもメッセージが何度も来る場合、これはもはやストーカーです。

こちらの写真やプロフィールが公開されているので、あまりにもしつこくされると放っておくのも怖いですよね。

ブロックをすることで自分のプロフィールはお相手に非公開になるし、連絡も二度と取れなくなるので安心です。

メッセージのブロック方法はこちらの記事で触れています。

 

また、他の犠牲者が出ないように運営会社へ通報しておくといいでしょう。

ブロックも通報も、ほとんどの婚活アプリに機能としてありますので、何かあればすぐに自分を守ることができます。

最後に

お相手をできるだけ傷つけずにさよならする方法をご紹介しましたが、真剣であればあるほど、どうしても傷つけてしまうこともあります。

とはいえ、その気がないのに連絡を続けることはもっと良くないですよね。

「なんか違うな」と思ったら思い切ってさよならするのが優しさかもしれません。

1 個のコメント

  • フェードアウトを推奨してますがそれが本当に正しい方法なのでしょうか?
    関係を切りたいのはいいのですが、それならきちんと断りの連絡をすべきでは?
    それが最低限の礼儀でしょう。
    実際フェードアウトが一番ショックが大きいんですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です